6月21日木曜日、神戸スウィーツ・コンソーシアム「チャレンジド・プログラムVol.11」 in 神戸 開催

2018年6月8日

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)は社会福祉法人プロップ・ステーションと、製粉業界最大手日清製粉株式会社の主催により、多数の企業と行政のご協力を頂き、「スウィーツの世界で活躍するチャレンジド(障がいのある人)を生みだそう!」というミッションを掲げて、2008年6月に発足しました。

KSCの開催する「チャレンジド・プログラム」では、超一流プロのパティシエやブーランジェを講師に迎え、その技術を教授する講習会を実施しています。プログラムでは、各地の作業所や施設でお菓子作りに従事する精神・知的障がいのチャレンジドを対象として、スキルを上げて生産性・報酬を上げたい、スウィーツの世界で就労したい(独立・開業)、製造販売業に携わりたいといった人たちに、超一流プロのレシピと技を直接指導します。修了生の中には、すでにKSCで学んだスウィーツを作業所単位で製品化している人たちもいます。

今年度も昨年に引き続き、KSC「チャレンジド・プログラムvol.11」を全国規模で開催、本活動をますます発展させるべく昨年初開催の九州に加え北海道の地にも新たに活動を拡大させます。北海道ではスウィーツの街として知られる札幌で、そして九州では一昨年の熊本地震の大きな被災地である熊本益城町での初の開催となります。

神戸スウィーツ・コンソーシアムはチャレンジドのパティシエ養成を通じて「すべての人が持てる力を発揮し、支え合って構築するユニバーサル社会」の実現をめざして活動してまいります。みなさまにはどうか神戸スウィーツ・コンソーシアムの活動を力強くバックアップしてくださいますことを心よりお願い申し上げます。

社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長 竹中ナミ

 

6月21日木曜日、神戸スウィーツ・コンソーシアム「チャレンジド・プログラムVol.11」in 神戸、開講式と西原金蔵シェフによる講習の模様を、午後1時よりユーチューブLIVEで神戸より生中継します。

◎ユーチューブLIVE放映サイト
中継はこちらから、どなたでもご覧いただけます
(放映予定日時:6月21日木曜日 13:00〜17:00)
 https://www.youtube.com/watch?v=soyIv-vQFGw

■チャレンジド・プログラムVol.11」講習プログラム(神戸会場)

日時:6月21日木曜日 13:00〜17:00
内容:開講式と講習会
講師:西原金蔵シェフ(京都「オ・グルニエ・ドール」)
会場:日清製粉株式会社東灘工場加工技術センター

<西原金蔵シェフのご紹介>
1953年、岡山県生まれ。74年、京都グランドホテル(現リーガロイヤルホテル京都)でサービスマンとしてキャリアをスタートさせる。78年、辻調理師専門学校へ入学する。79年、フランスへ渡る。「レカミエ(1つ星)]や「エッシェル・ロワイヤル]などレストランで研鑽を積む。81年、第30回アルパジョン・コンクール ピエス・モンテ部門に出場し、みごと銅賞を受賞(すべての部門において、日本人では唯一の受賞であった)同年帰国。83年、神戸ポートピアホテル内のレストラン「アラン・シャペル」にて専属パティシエとなる。87年、アラン・シャペル本人からのオファーでフランス・ミオネーにある「Alain CHAPEL」にて日本人初となる3つ星レストランのシェフ・パティシエに就任。シャペルから絶大なる信頼を得て、ミオネーの本店はもちろん、世界中で行われたシャペルのフェアでも活躍する。89年、帰国。同年ホテルオークラ神戸の副製菓長就任。91年、ジャック・ボリーからのオファーで銀座「資生堂パーラー」「ロオジエ」の総製菓長に就任。97年、美家古食品(株)トロワグロ事業部 生産企画管理部長 総製菓長98年、神戸マリンホテルズ舞子ビラの総製菓長就任。2001年、京都に「オ・グルニエ・ドール」を開店。お菓子教室「エスパス・キンゾー」も主宰し、多くの生徒に菓子作りのノウハウを伝えている。

■神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)

主催:社会福祉法人プロップ・ステーション、日清製粉株式会社
後援:総務省、厚生労働省、農林水産省、東京都、兵庫県、神戸市、日本セルプセンター、関東社会就労センター協議会
公式サイト:
 http://www.kobesweets.org/

ページの先頭へ戻る